深呼吸 方法とリラックス効果が凄い!意識して実践する価値は大いにあり!?

あなたは、意識していつも深呼吸していますか?

そもそも意識して深呼吸ってするものなの?って思う方もいらっしゃるかもしれません。

私も以前は、深呼吸ってラジオ体操ぐらいの時しかやっていなかったのですが、深呼吸の効果を知ってから毎日意識して実践するようにしています。
なので、あなたにも深呼吸がもたらすリラックス効果と方法についてシェアさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

深呼吸の方法はどうやってやるの?

深呼吸に方法もクソもあるか!!って思う方もいると思います。
実はあったのです。正しい方法・・が。

ポイントは、息を全部吐き切ることです。

それと吐いた時にお腹がへっこんで鼻から息を吸った時にお腹が膨らむように息を吸うことです。
よく言う腹式呼吸ってことですね。寝ながらやってみると感覚がつかめるので、掴んだら座ってもできるようになると思います。

マイナビウーマンで公開された正しい深呼吸の方法があったので、それもシェアしておきます。

1.楽な姿勢で座る
2.片手をわき腹のすぐ下のおなかの上におく。もう片方の手は胸の上に。
3.鼻から深くおなかの上の手が持ち上がるくらい息を吸い込む。胸は動かさない。
4.口笛を吹くようなすぼめた口から息を吐く。おなかの上の手でおなかが引っ込むのを感じながら息を完全に吐き出す。
5.これを3回から10回繰り返す。ゆっくりとしたペースで行う。

引用;マイナビウーマン

いかがでしたか?凄いかんたんですよね!ぜひ実践してみてください。
私が深呼吸をお勧めする理由の一つとして、お手軽にできてお金がかからず、健康効果が高いと三拍子揃っていますので、誰にでもお勧めできますね。

スポンサーリンク




深呼吸の効果はリラックス以外に何があるの?

深呼吸の使い道でまずイメージできるのがリラックス効果ですよね。他には一体どんな効果があるのでしょうか。

まずリラックス効果のメカニズムについてなんですが、
人間の身体には自律神経というものがあります。
自律神経には、心身の活動状態に関係する交感神経と、休息や睡眠に関係する副交感神経の2つがあります。
人が息を吐くという行為は、副交感神経が働きますので、呼吸をゆっくり深く回数を重ねると心身ともにリラックスできることになります。
寝る前やお風呂などで深呼吸をするとリラックスできて不安や興奮状態から脱するので寝つきが良くなるので、夜ねれないなぁ〜って思った時は深呼吸をしてみるといいと思います。リラックスしてから眠るって大切なことなんです。

女性の方にも多いのが冷え性です深呼吸には冷え性にも効果があるのです。深呼吸をすることで、横隔膜が動きますので、内臓の働きが活発になります。

内臓が働きが活発になりますと、血行が良くなるので冷え性が改善されます。腸の働きも活発になるので、腸内環境にもいい効果が得られますね。

身体の冷えは健康を損なうので、身体を冷やさないのは健康な体でいるのに大切なことです。

あとは血圧が下がることです。
副交感神経が活発になりますと、リラックスできますので、血管が拡張して血圧が下がります。

高血圧は、脳卒中や心筋梗塞など怖い合併症も引き起こす可能性があるので、血圧の高い人は注意しましょう。身体の不調も出やすいですしね。

まとめ

私個人的な考えでは、こんなに簡単でお金がかからず、健康効果が高い健康法って深呼吸ぐらいしかないんじゃないないかって思っちゃいますね。

特に副交感神経を活発にしてリラックス効果を高めることで、寝つきが良くなったりするのでお勧めです。
普段あまり深呼吸を意識してこなかった人も日々の生活の中で簡単にできる深呼吸を取り入れて健康的な毎日を過ごしてくださいね!
心身ともに健康でなければ人生は楽しめませんので健康意識を高めていきましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする