市原悦子 現在認知症と病気は?当面の復帰は難しいみたい・・

女優の市原悦子さん(81)が映画「シャボン玉」に出演する予定で舞台挨拶が、4日に開催されたのですが、市原悦子さんは入院中で、参加できなかったのでマネージャーが代わりに参加したみたいです。

市原悦子さんが認知症だとか、一体何の病気で入院しているのか気になるところだと思います。
認知症がどこから出てきたかと言いますと、Yahoo!の検索結果に認知症と書いてあってそういう噂も流れているってことです。

この記事では、市原悦子さんの病気についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

市原悦子 現在認知症ってマジなの?

認知症っていうのは、正直噂に過ぎないと思います。実際は違うと私は思います。
どうして認知症だと言われているかと言いますと、NHKの番組で放送禁止用語を使用してしまったということです。身障者のことを指す「かたわ」や「毛唐」毛が違う外国人が来たという意味を使用して
後に、アナウンサーが謝罪したという話です。

それまでの会話を知る限りですと、普通に会話していたようですし、放送禁止用語は昔の人はよく使っていた用語だったみたいなので、この年代の方は、意識しなくても知らず知らずの間に出てしまうこともあるのではないかと思いますので、このことだけで認知症と決めつけてしまうのは、まだ早いのではないかと私は思いました。

スポンサーリンク



市原悦子 現在の病気の具合は?退院はできるの?

自己免疫性脊髄炎でお仕事を休養しているのですが、リハビリ専門の病院でリハビリを中心にしているとのことですが、とても元気だそうです。良かったです。

徐々に歩けるようになってきており、手足の麻痺がちょっとまだあって何とかある程度ですので、まだ仕事の復帰は難しいと言ったところでしょう。
でも、これは良かったな〜って思うのが前を向いてリハビリをしているっていうところですね。

もうダメかなってなったらとっくに芸能界を引退しているでしょうし、そこはプロの女優として何とかガッツで病気で向き合っている姿がめちゃくちゃかっこいいと私は思いました。
自己免疫性脊髄炎とはどんな病気かと申しますと、免疫の異常により動かなくなり、脊髄に炎症が起こっているという状態が簡単に説明させていただくと正しいと思います。

まとめ

私は、市原悦子さんのことを恥ずかしながら存じ上げなかったのですが、80を近くなっても色んなドラマや映画に出演して役者魂を発揮している強さに感服いたしました。普通だったら病気患ったら女優人生諦めませんか?

それにも関わらず、81歳になりながらでもリハビリをして復帰を目指して頑張っているという姿は本当に素晴らしいと思います。そう考えるとそれより若い人たちがちょっとの悩みで挫折したりするってことが何だか情けなくなりますよね。

ぜひ、市原悦子さんにはまだまだたくさんの映画やドラマやテレビ出演で視聴者の人ファンの人を楽しませていただきたいですし、私個人的にもリハビリ大変だと思いますが、無理せず頑張っていただきたいと思った次第でした。

ここまだお読みいただきありがとうござました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする